Smoky Bl@ck

マンション猫互助会主催 ~猫と暮らそう~

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. カテゴリ:【スポンサー広告】
  3.  
  4.  

■ 耳をすませば

我が家の雄介。この名前、実は対外用(お医者さんのときとか用)のものです。
うちのなかでは 「ねこ●ま」 と呼ばれております。(諸事情により一部伏字にてお送りいたしております。)この 「ねこ●ま」 を縮めて「ねこ」と呼ばれていることも多く。

うとうと



先週の金曜日「金曜ロードショー」でやってた「耳をすませば」を見たときのこと。
このお話の序盤で主人公の中学生、雫(しずく)ちゃんが図書館で働くおとうさんにお弁当を届けに電車に乗るシーン。
電車にはなぜかねこが乗っています。(周囲のおとなはそれが見えていないかのように無反応。)雫ちゃんはねこに話しかけます。

  雫:「ねこ君、ひとり?」
      ↑この「ねこ君」で雄介(@わたくしの膝上)の耳がくるっと反転。
  ねこ君:「・・・・・・・・・」
    雫:「おーい、応えてよぉ~。」

 電車を降り、ねこを追っていく雫ちゃん。
  雫:「すごい坂。どこまで登るのかしら。」
    「ねこくーん!ねこくーん!」

 
 雄介:「・・・ぉおう。」
 私:「うわっΣ(・ω・ノ)ノ!返事した!」
 
 その後雫ちゃんは、ねこに導かれたように1軒のアンティークショップに辿り着き、
 誰もいないそのお店にあるねこの人形(バロン)に話しかけます。

  雫:「あなたは、さっきのねこ君?」

  私:「んなわけあるか!(でも、わたくしの膝の上のねこがそうかもしれないわ!オホホ!オホホ!)」

ぉおう?

ねこ1匹でお弁当を届けるのを忘れるほど夢追い人の雫ちゃん。
TVの音声に反応してしまう自意識過剰な雄介。
たまたまねこがタイミングよく鳴いた、というだけでどこか違う次元にトリップできるわたくし。
さーて、病んでいるのはだれ?みんな?みんな?

感動作と名高いジブリの名作アニメ映画「耳をすませば」。 たいへんおすすめです、ぜひ。
  1. 2008/02/29(金) 23:46:15
  2. カテゴリ:【雄介】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【2】      
<<オタは不治の病 | ホーム | 迷わず行けよ 行けば分かるさ>>

■この記事にコメントを残す!!↓■

ぉおう。

ねこさま??
バロン様?
私も不思議の世界に連れてってーっ(^x^)/

猫っていろんなこと聞いてますよねー。
人が話しているときなんか思慮深そ~な顔してたりして
うあ、こいつ分かっとるんや!って思う事があります。

ちびちゃん越しに見つめる雄介君(レイさん?ごめんなさい。)
銭形平次のような貫禄がございますね・・・・・
あっしは何もやってませんよっ。



  1. 2008/03/12(水) 03:12:15 |
  2. URL |
  3. tui-tui                    

>tui-tuiさん

不思議の世界……帰ってこられなくてもよろしいですか(笑)

雄介はホントに声でコミュニケーションしようとしていることが
あるように見えます。顔を見て話しかけると「おわゎうにゃぁ」みたいなかんじで
猫語でなにか返事をするのです。用もないのに呼んでみたりとか
しょっちゅうやってしまいます。面白いです。



  1. 2008/03/22(土) 20:08:45 |
  2. URL |
  3. chesha                    

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chesha.blog17.fc2.com/tb.php/296-0529ef90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。