Smoky Bl@ck

マンション猫互助会主催 ~猫と暮らそう~

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. カテゴリ:【スポンサー広告】
  3.  
  4.  

■ 緊急のおしらせ

http://www.cnn.co.jp/business/CNN200512230019.html
ニュースサイトの性質上、リンク先の記事は時間の経過により
消失すると思いますので以下に要約します。

大手米国ペットフードメーカーのダイアモンド・ペット・フード
(本社:ミズーリ州)はサウスカロライナ州ガストンの工場で、
今年9月1日から12月10日までに製造された製品、ネコ用5種・
イヌ用14種のフードにカビ毒の「アフラトキシン」汚染の恐れがあるとして
該当製品の回収を12月21付で発表した。
同製品はガストン工場を表す「G」が、11─12桁の
製品番号に含まれている。
「アフラトキシン」は、トウモロコシや穀物などに発生するカビで強力な
発がん物質であり、動物が摂取すると肝臓がんを引き起こす。
CNNによるとこれまでに、汚染されたペットフードが
原因と見られる死亡例17件が報告されている。


私は同社の製品を店頭で見かけたことはないのですけれども
米食品医薬品局(FDA)の調査では、回収対象となっている製品は
世界29カ国に輸出されているとのことです。あくまでもFDAが調査した
範囲内ですから、個人輸入などは把握されていない可能性があります。

ちょっと危機感を煽り気味の感もありますが、警告の意味を込めて
怖めの考察をされてるとこも貼っときます。
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/01/post_19a4.html

日本国内で該当製品の取り扱いについての情報を現時点においては
入手できなかったのですが、この手のニュースは取り扱いも
小さいと思われますので、万が一にもお手元に
お持ちのかたがいらっしゃいませんように、と祈りつつとりあげてみました。
祈念
動物の(および人間の)食について考えてみたり。
特に動物については人間が与えるものしか口にできないわけですから
しっかり考えていかなければ、と改めて思ったニュースでした。
  1. 2006/01/10(火) 22:58:55
  2. カテゴリ:【告知】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【3】      
<<来客 | ホーム | 赤ちゃんがえり>>

■この記事にコメントを残す!!↓■

先日…

まなさん(Mana’s blog)がこの記事トラバしてたから見ましたよ。
怖いよねー。
死んじゃったにゃんこわんこがいるそうじゃないですか!!
何を信じればいいんでしょ。



  1. 2006/01/11(水) 21:15:11 |
  2. URL |
  3. ユガ                    

なんてことでせう・・・。



  1. 2006/01/12(木) 16:55:54 |
  2. URL |
  3. Badu                    

えと、PCとか私自身とかいろいろなものが壊れ気味で
ちょっと放置プレイしてしまいました。申し訳ございません(T∇T )
PCは再セットアップ完了、ついでにテンプレなども変更。
あとは私自身もぼちぼちメンテナンスしてまいります。



>ユガさん

人間の口にしてるものも、実はよく判らないものが多かったりして
ましてやペットフードだと何があっても不思議じゃないと
思い知りましたです。



>Baduさん

あまり過敏になりすぎるのもどうか、とも思うのですけど、
ペット産業のありかた(サービスを提供する側と消費者の双方)へ
無関心ではいられないな、と思ったです。



  1. 2006/01/15(日) 13:01:25 |
  2. URL |
  3. chesha                    

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chesha.blog17.fc2.com/tb.php/127-06266019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
  *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。