Smoky Bl@ck

マンション猫互助会主催 ~猫と暮らそう~

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. カテゴリ:【スポンサー広告】
  3.  
  4.  

■ 春の朝(あした)

風の丘時は春
日は朝
朝は七時
片岡に露みちて
揚雲雀なのりいで
蝸牛枝に這ひ
神、そらに知ろしめす
すべて世は事も無し
             (Robert Browning / 上田敏 訳詩集「海潮音」より)


あわただしく、2005年も終わろうとしています。
今年はいろいろとありましたけど、
レイさんと暮らし始めたことは
たくさんのことを私にもたらしてくれたと思います。
お世話になった皆様に感謝を。
来年も安らかな年でありますように。
まる。まる。

スポンサーサイト
  1. 2005/12/30(金) 00:18:28
  2. カテゴリ:【チラシの裏】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【3】      

■ いとしさと切なさと心強さと

縁あって同居することになったレイさん。
ぐー

「猫と暮らしたいなぁ」と思って、縁のあったかたのご厚意で
実現できちゃったわけですけれども、今になって
何故そんなに猫と暮らしたいと思ったのか、ふと考えてみたり。


以下、長くなりそうなのでたたみます。 [いとしさと切なさと心強さと]の続きを読む
  1. 2005/12/27(火) 23:59:48
  2. カテゴリ:【チラシの裏】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【6】      

■ 猫の手貸しますブラックで。

ユガさんとこへトラバです。

大々的にフィーチャーして頂きまして恐悦至極。
でもって反応が遅れまして大変申し訳ございませぬ。
カフェの。

えとですね、なんつーか世間はクリスマスなわけですよ。
クリスマスにかかわらず、私はそういうイベントごととかに
踊らされることなく過ごしているのではありますが、
連休、つーことでね。雪も降りましたしね。
イルミネーションの&風景の写真でも撮るかと
連日盛り上がりんぐちゅうのスポットへ繰出したりしておりました。
でかツリー!

ひとりでカメラ持ってこういう場所をウロウロしてるとカップルさんから
「すみませーん、シャッターお願いできますかぁ?」
とか声を掛けられたりするわけで。
ブラックな猫の手、お貸ししますよ。喜んで。うひひ。
猫の手貸します。

「えぇ、いいいですよ~。3・2・1・て合図の後でシャッター切りますよ。
もうちょっと下がって下がって~。」
幸せそうに寄り添って微笑むカップル。

「じゃ、撮りまーす。3・2・1・ ザ ラ キ!
「え゛!?」パシャ☆

あー、クリスマスって楽しいよね。





注)ザラキ連発してるといつかマホカンタ食らいます。
ロンリーなシャッター呪文はハナからメガンテがお似合い。
  1. 2005/12/25(日) 09:25:08
  2. カテゴリ:【チラシの裏】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【3】      

■ You Never Change the Color Ⅱ

先日、衝撃の寝姿を激写されたレイさん。
別アングルから。
どでーん

下から撮るとふてぶてしさ倍増…。

以前こちらの過去記事にて
黒猫の顔を白猫の顔に反転させて遊んだことがありますが、
この画像でもやってみようじゃないですか。

黒毛を白に。お鼻と肉球はピンクに。ちょいちょいちょいと。
ぷりてぃ?

やっぱり、白いとふてぶてしさは半減しますね。
しかし、ツキノワグマのマークが立派な胸毛に!そして!
ヤヴァイ。

これはヤダ。ぎゃらんどぅー。
  1. 2005/12/21(水) 21:36:35
  2. カテゴリ:【レイ】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【7】      

■ No Border

おトイレ中のレイさん。
ぷりっ

険しいお顔でがんばっております。

えと、本日はウンチョス話(しかも人間寄り)。
ビロウな話が苦手な方とお食事中の方は読まないで!

「○○が食べられなくなった!」とかクレーム受け付けませんから!
いいですか、警告しましたよ。ホントにいいですね。

【以下↓ある意味スカトロちうい】
唐突ですが先日激烈に寒かったので、晩ゴハンに
豆乳鍋やったんです、豆乳鍋。
昆布のおだしをたっぷりの豆乳で割って、白菜とか刻みあげとか
絹ごしのおとうふとかシイタケを投入していただくのです。
体がとても温まるんですよ、美味しいし。
でね、次の日の朝なんですけど、お通じがほのかに
「豆乳鍋のにほひ」なんです。
思わずブツを確認しちゃいましたよ。見た目はいたってフツーのウンチョス。
でも、においがフツーにクサいの7割、3割が豆乳鍋。
すんごい気持悪いwwwそりゃビックリしました。

でもね、でもですよ。
これ、使えるんじゃないかと。
猫のウンチョスもかなりパンチが効いてますよね。
豆乳を飲ませたら、もしかすると臭いが軽減されるんじゃないのかとか。
まあ現実的には「水を飲むようには豆乳を飲んでくれないだろ」
とは思いますので、排泄物の臭いが変わるほど大量に(及び自発的に)
摂取させるのは無理なんでしょうけれども。
でも、豆乳鍋エキスのサプリメントとかあったら、
もしかしてもしかするんじゃないのか。

余談ですが(すべて余談といえば余談なんですけれども)体臭のある動物と
それの少ない動物では、後者のほうが排泄物の臭いがキツいですよね。
犬より猫のブツのほうがガツンときます。
人間でもそんな気がするのですがどうなんでしょう。
日本人は体臭が少ないと言われてますが、
日本人のウンチョスは世界一クサいのか。

ただでさえ一人でお鍋という悲惨な状況なのに、こんなことを考えながら
またしても豆乳鍋を食べるわたくし。人としてなにか一線を越えたなと。
…凄惨な食卓です。


えと、いちおう真面目に補足しておきますと、動物の体にとって
豆乳がOKなのかNGなのかというデータは度外視のヨタ文ですので、
無茶な試みはおやめください。(人間もね。)
あと、排泄物は健康状態のバロメータですから、人間も動物も
臭いをむりくり消そうとするのは不健康な発想だと思います、はい。
  1. 2005/12/19(月) 21:50:56
  2. カテゴリ:【チラシの裏】
  3.  
  4. トラックバック:【0】
  5.  
  6. コメント:【4】      
次のページ
  *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。